技術研修

技術研修会のご案内

九州大学超顕微解析研究センターでは、共同利用者の教育研究の高度化と、円滑な運営を促進するために、「電子顕微鏡技術研修会」を開催しております。

主催

九州大学超顕微解析研究センター、先端電子顕微鏡フォーラム文科省「微細構造解析プラットフォーム」

受講対象者

  • 九州大学の学生・教職員
  • フォーラム会員(主として学外・企業の技術者・研究者)
  • 微細構造解析プラットフォーム利用者

上記以外の学外者も可能な範囲で受入(有料・お問い合わせください)

※本研修会は九州大学超顕微解析研究センター利用者を対象とするものであり、当センターの電子顕微鏡を利用申請した研究課題に従事する学生・教職員の受講を優先します。

電顕技術研修コース内容

コース 対象者 到達目標
入門コース
【全員必須】
電顕(TEM・SEM)に関して知識のない学生・研究者 電顕の簡単な原理と役割を理解・習得
初級コース
【初心者は必須】
入門コース修了者程度の知識を有するが、各自の研究課題に関して電顕での研究方針が定まっていない学生・研究者 電顕の操作ができ、電顕法での課題解決方針を見通す能力を習得
中級コース 初級コース習得程度の知識・技量を有し、各自の研究課題に関して電顕での研究方針がある程度定まっている学生・研究者 有効な操作・データ取得法を習得し、データの解釈をする能力並びに研究課題に電顕法を有効に適用できる能力を習得
上級コース 中級コース習得程度の知識と技量を有し、各自の課題解決のために特殊な電顕法での研究方針が定まっている学生・研究者 特化した電顕法を習得すると共に、自立的に研究を進める能力を習得
PAGE TOP